本当に怖い交通事故

起こさなくても巻き込まれる、交通事故の怖さを集めました

お金の支払いは断固拒否!の加害者

Post on:2017年11月13日

事故が起きた当時、私は一人暮らしをしていました。すぐに頼れる相手もいなかったため、すぐに警察に連絡をしました。

こちらの被害としては、買ったばかりの車が破損してしまったことと、私が足を捻挫してしまったことでした。相手のドライバーは非常に疲れた状態で車を運転していたために前方不注意で突っ込んできてしまったようです。

お互いに自動車を乗っていたことと、事故が起きたときにそれほどスピードを出して走っていなかったことから、命にかかわる交通事故ではなかったことが幸いです。仕事が理由で疲れていたとはいえ、事故を起こしてしまったことに対しては相手の方が責任を感じています。

しかし、お金の支払いの話になると断固として払おうとはしてくれません。こちらとしては損害やけがに対するお金を受け取って今回の話はすべて終わりにしたいと思っているのですがうまくいきません。

自分で相手のドライバーとやり取りをしているとかなり時間がかかってしまいますし、仕事が忙しくてなかなか連絡を取り合うことができません。時間がたつにつれてこのような問題は解決が難しくなっていくと思うので、弁護士の方に自分の代わりに対応していただきたいと思っています。プロの力を借りてスムーズに解決できればうれしいです。

ページのトップへ戻る