本当に怖い交通事故

起こさなくても巻き込まれる、交通事故の怖さを集めました

交通事故に気を取られることの危険

Post on:2016年12月1日

私は通勤に車を使用しています。いつも渋滞をしている道なのですがその日はいつもよりも車の混雑が酷かったのです。ノロノロと動く車に私は出勤時間も気になっていました。このままだと遅刻をしてしまうんではないかと思う程のスピードで車は動いたり止まったりを繰り返していました。

しばらく進むと前方で警察官が交通整理をしているのが目に入って、交通事故がこの先で起きたのだなということがわかりました。三車線ある道が交通事故の為に一車線になっていました。その一車線の道に入った所で、起こった事故の様子が見えました。軽四の車にトラックが後ろから衝突していてそれは大きな事故の模様です。

その事故現場に目を奪われてしまった私はそこで交通事故を起こしてしまいました。前の車に衝突をしてしまったのです。その瞬間頭の中が真っ白になってしまいました。

渋滞していたのでスピードは出ていなかったのですが、今まで交通事故を起こしたこともなかったので、どうしていいのかわかりませんでした。衝突をした前の車から男性が降りてこちらに向かって来るのと、隣の車線で事故の処理をしていた警察官が同時に近付いて来て、私は怒られる覚悟を決めましたが、どちらも「大丈夫か?」と加害者である私に優しい言葉をくれました。

そこからは警察官の新たな事故処理が進み、入っていた任意保険で相手の車の修理をすることで示談になりそうです。しかし、あの時の交通事故を起こしてしまったショックからは未だ立ち直れていません。

ページのトップへ戻る