本当に怖い交通事故

交通事故に呪われた一族が立ち直るまで

夫まで交通事故…

Post on:2016年4月15日

私の夫まで交通事故…。夫は会社勤めをしていて、普段から出勤にはマイカーを使用しているのですが、その出勤途中に交通事故に遭ってしまいました。主人は普段、通り慣れた直線の道路を走行している際に、前方から走行してくる車が、車線をはみ出してきて、そのはみ出してきた車と衝突してしまったという事でした。

主人は真っすぐに走っていたので相手の車が道路をはみ出した落ち度があると思っていたのですが、相手の車の運転手は、自分は車線をはみ出していないと警察に言っている様で困っています。道路に衝突の痕跡がほとんど残っていない様で、警察の現場検証でも衝突地点がはっきりしないような状況になっていて、交通事故の処理が全く進まないような状況になっています。

夫は嘘をつくような人間ではなく、相手の人に落ち度があるはずなのですが、このままではうまく言いくるめられてしまうのではないかととても不安に思っています。事故に関しては、今後補償などの話し合いをしなければいけないのですが、法律問題などにも全く知識が無いですし、交通事故に遭った事もこれまで一度もないので、このような状況を上手く解決できる手段はないものかと思っているのですが、このような複雑な交通事故の場合には、やはり弁護士の先生等に依頼して、事故の解決をお願いした方がいいのでしょうか。

ページのトップへ戻る