本当に怖い交通事故

交通事故に呪われた一族が立ち直るまで

弟が余所見運転の車にぶつけられた

Post on:2016年4月15日

私の弟が交通事故に遭いました。車にぶつけられてしまったのです。幸い命に別状は無かったのですが、両足を捻挫してしまいました。手は擦り傷程度で済んだため食事は自分でとることが出来るのですが、さすがに両足捻挫は辛そうです。

ただ、嫌な捻り方ではなかったとのことなので、時間が経てばちゃんと治るそうです。ですので、せめて無理はしないようにとのことでした。確かに、無理をしたらしっかり治らなくなってしまうかもしれません。どういう事故だったかというのは、弟から直接聞いたのと警察から話を聞きました。弟のほうに否は全くないそうです。ホッとしました。

理由は、相手の余所見だったそうです。信じられません。車を運転しているのに余所見をするだなんて、考えられません。ですが、そういう人がいるのが事実なのです。

しかも、反省していないというのですから驚きです。慰謝料はしっかり払ってもらえるみたいですが、なんだか釈然としません。ぶつけた張本人のご両親とお会いしたのですが、ご両親はとてもいい人たちという印象でした。それがまだよかったです。慰謝料を払うのが本人なのかご両親なのかは分かりませんが、せめて張本人には反省して欲しいです。捻挫で済んだからよかったものの、もしかしたらもっと酷いことになっていたかもしれません。そう思うと、震えが止まりません。

ページのトップへ戻る